• ホーム
  • ラジオフライヤーの歴史

History ラジオフライヤーの歴史

1917年
イタリアからの移民アントニオはアメリカで色々な仕事をして、資金をため、ひとつのワークショップを構えました。そこでワゴンを製作し売ったのが始まりです。
1923年
従業員が数人になり、会社名を自由の女神にちなんで「リバティーコースター」とし、周囲に知られるようになりました。
アントニオのスチールワゴンを大量生産する技術は革新をもたらし「小さなフォード」という愛称で呼ばれていました。そしてワゴンの目的は「全ての少年のために。全ての少女のために。」
1930年代
会社名も「Radio Steel & Manufacturing from Liberty Coaster Manufacturing, Co.」に変わり、1933年にはシカゴで世界博覧会が開催され、そこでラジオスチール社は出展し世界的に有名になりました。
1950年代
ラジオフライヤーはフォード・クライスラー・GMのような大手自動車会社と混じり合ってアメリカ中に信頼を得ました。
この頃、ミッキーマウスクラブやデービークロケットのような映画やテレビ番組の専用ワゴンを設計したりとビジネスは急成長していきます。
1970年
ボールベアリング、ロールバー、特別カラーを装備したファイアボール2001を発表。
1980年
アウトドア製品をはじめる。
1990年
ショックアブソーバーを備えた2500を発表。
1992年
「ラジオフライヤー」という題名の映画が配給される。
1997年
会社の80周年の記念にボディ本体、幅約4メートル、長さ約8メートル20センチ、重さ6800㎏の世界一大きなラジオフライヤーを製作。

1900年代初期

リバティコースター

最初に制作したリバティコースター

1933年世界博覧会

1933年世界博覧会

映画「ラジオフライヤー」

商品

ページトップへ

Copyright (C) 2010 Maritime Trading Co.,Ltd. All Rights Reserved.